ファイナンシャルプランナー 相談

ファイナンシャルプランナーに保険相談なら|おすすめの無料保険相談

ファイナンシャルプランナー(FP)に保険相談をお考えの方にお勧めの無料相談サービスといえば、
保険の窓口や保険のビュッフェなどがお勧めです。

 

ファイナンシャルプランナーに相談する一番のメリットといえば、
税理士や弁護士といったとんでもなく偉い先生に相談するわけではなく、
同じ目線に立ってあなたのライフプランを考えてくれることです。
保険の窓口と保険のビュッフェ、どちらもそうですが、無料相談窓口のほとんどがしつこい勧誘をしてこないことです。

 

保険代理店等に問い合わせをすると電話や訪問等の負荷がかかってきて大変な思いをされた方もおおいのではないでしょうか。

 

保険の窓口や保険のビュッフェの無料相談の目的は、現在加入されている保険が本当にあなたにあっているのか、自分にピッタリの生命保険・学資保険・医療保険などは何か?といった事をファイナンシャルプランナーに相談できる事です。
何かあったときの保険ですので無加入では怖いですが、あまりにも余分に入っていたのでは保険貧乏になってしまいます。
一番適した保険を年令や家族構成などから判定してくれるのがファイナンシャルプランナーのお仕事なのです。

 

ですので、ファイナンシャルプランナーに保険相談するときは最低限、
現在加入している保険証券やこれからの将来設計などをぼんやりとでも良いので思い描いておいて
それに向けてどのように工夫をしたらよいかをファイナンシャルプランナーに相談されるとより効果的です。

 

全くこちらが非協力的だと、ファイナンシャルプランナーがいくらお金の専門家でも
説明のしようがありませんので、ある程度の個人情報は提供する必要があります。

 

保険の窓口や保険のビュッフェなどでファイナンシャルプランナーに相談する時は、
主に生命保険と医療保険、がん保険などが見直し対象になってくるわけですが、
当然現在よりも保険料は安く、かつ保障内容も少なくしたくないというのが多くの相談者の考えです。

 

ここで一番見直しの対象に該当する保険は生命保険の価額設定です。

 

他の保険、例えば自動車保険や住宅の火災保険、地震保険なども同様ですが、
これらが自動車の価値に合わせて車両保険の値段を設定することや、危険度に併せて人身傷害保険を設定すること、
また、自宅の価値を専門家に見てもらってその価額を上限として火災又は地震が発生したときに
手持ちのお金を持ち出すことなく立替や修繕が出来るように保険をかけるのとまったく理屈は同じです。

 

生命保険や学資保険、医療保険などは、今のあなた自身の価値をファイナンシャルプランナーに判断してもらいながら保障内容を決めて行くというところから始まります。
正確には、家族構成などから、あなたに万一のことがあった場合に残された遺族がお金に困ることなく
生活していける為にはどれくらい必要なのかを試算してみてそれらから現在の資産などを差し引いて計算されます。

 

ですので、ファイナンシャルプランナーのアドバイスでは、
例えば住宅をローンを組んでお住まいの方と賃貸にお住まいの方とでは生命保険の金額は大きく変わってくるようになります。

 

住宅ローンであれば通常団体信用保険に加入していますのであなたに万一のことがあった場合、
住宅ローン残債は無くなり、かつ住宅はご家族のものになります。

 

配偶者が相続することになれば余程の金額にならない限り特別控除がありますので相続税等の対策は必要ありません。
一方、賃貸ですと、負債はありませんが年令にもよりますが
多少のまとまったお金がないと残された家族の生活は一変してしまいますので生命保険の必要性がぐんと上昇してくるわけです。

 

ファイナンシャルプランナーの相談では、
医療保険は大手生命保険会社で生命保険、医療保険、がん保険とまとめてご加入されている方がいればまず間違いなく、
分割して加入する見直し提案を受けることになります。
日本生保のような総合保険のメリットは補償の被りがないことですが、
その反面、営業担当者の成績になる為、生命保険を高額に設定されていたり10年更新のように、保険料が10年毎にアップする等のデメリットが大きい点が上げられます。

 

 

医療保険を考える場合、通常のサラリーマンですと、
高額医療制度というものがありますので、万一入院したとしても差額別途代や入院中の食事代、
着替え代など一部保険適用外のものを除き10万円程度が最大の支払いになります。

 

ですので、日額1万円のものに加入している場合は半額の5000円で十分だったりするわけです。

 

一度、保険の窓口と保険のビュッフェなどでお金の専門家である
ファイナンシャルプランナーに保険の見直しをお願いして保険料を下げてみる相談をすることをお勧めします。

ホーム RSS購読