がん家系で、がん保険の加入を検討しています

私は現在がん保険への加入を検討しており、各保険会社に問い合わせたり、資料請求をしたりしています。私の家系はがん家系です。叔母は肝臓で亡くなりましたし、祖父は肝臓がんで現在闘病中です。

 

 

よく父からは「うちはがんが多い家系だから、お前もがん保険に入っておいた方がいいぞ」と言われていましたし、実際に父もがん保険に加入しています。私も、就職して経済的にある程度落ち着いたらがん保険に加入しようと決めていました。

 

 

叔母の時も、最初の手術から数年して、結局身体のあちこちに転移してしまい、その後長期療養となってしまいました。また、末期になるとがんの治療自体は少なくなりましたが、長期入院となるので費用負担が軽減されることはありませんでした。今から考えると手術時はもちろん、入院時もある程度保険から医療費が支払われて、だいぶ経済的に助かっていたと思います。今は、日本人の2人に1人はがんに罹患する時代とも言われています。

 

 

がんは一度罹患してしまうと長期入院となったり高額な高度医療が必要な場合があったりと、経済的に大きな負担になる可能性をはらんでいます。家族にがんが多いなどがん因子を持っている方は、経済的に余裕があるのであればぜひがん保険の加入を検討することをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ