2度の入院と約5年間に渡る通院で保険の大切さが身に染みた

私は、約5年前に突如として婦人科系の不治の病を発症し前例が無い程の重症だったので緊急入院をする事になりました。極小未熟児だった事もあり生まれ付き虚弱体質で他にも先天性や後天性の持病や後遺症などを抱えているものの、別件では入院を余儀なくされる程の大事には至らなかったので甘く見ていた私は保険に対して無頓着でいました。

 

 

両親が「暫くの間は入院の必要が無いだろうから、高い保険料を払い続けるのは勿体無いし生計の見直しの為に。」と言う独断で私の知らぬ間に解約してしまっていて、よりにもよってそんな矢先にまさかの入院せざるを得ない状況になった為に1回に付き約10万円もの入院費を自費で支払う羽目になってしまいました。

 

 

それを機に独自で保険の事を片っ端から調べたものの、退院後から2回目の入院までの通院が一番の原因になり保険に再加入出来ぬまま2回目の緊急入院に至ったので高額な入院費を再び自費で支払う事となってしまったのです。

 

 

命に比べれば高くは無いとは思うものの金額だけを見ると2回の入院費だけで既に約20万円も掛かってしまいましたし、更に約5年間にも渡る通院(受診料や検査治療費など)で数十万円も掛かってしまったので、予想を遥かに超える思わぬ出費により貯金が底が付いてしまい前代未聞な程の極貧生活を強いられる羽目になってしまいました。

 

 

今更どんなに嘆き悲しんでも遅過ぎますし少しずつでも前進する他ありませんが本音としては「あの時に保険に加入していれば、入院給付金を頂けて今よりかは少しまともな生活を送れただろうに。」と思ってしまいます。保険の大切さを身をもって心の底から痛感した出来事でした。ようやく後少しで通院から解放されそうなので、今回の様な事態に陥らぬ為に直ぐに加入出来る様に改めて保険の見直しを行っている最中です。


ホーム RSS購読 サイトマップ